30代の男女の出会いはリアルな場面だけでなく、いろんな方向から

30代になると出会いの場も限られる

30代になると出会いの場も限られ、仕事中心であれば、職場のみ、仕事の繋がりであれば合コンもあるかもしれないです。
仕事中心であればあるほど、職場は出会いの場ではなく一緒に目標に向かって進む戦場となり、また男女の関係も仕事の同志になってしまい、なおさら職場で出会いを求めることは難しかったです。
だからといって仕事や友人の繋がりで合コンを行なったとしても、その場限りで終わってしまい、発展することはほとんどなかったです。
仕事中心であればあるほど、仕事と家の往復になりがちで、職場での出会いが見つからなければ、他に見つけなければ皆無の状況でした。
他にと考えた時にまず思いついたのは、婚活パーティーでした。
婚活パーティーだと、目的が同じ男女が集まり会話をし、相性や性格、見た目などから判断し、カップルになる為の会ですので、ある程度、相手の年齢層を上げたり、職業など相手のステータスを気にしなければ、カップルになれたり、好意を持ってきてくれる人は増えました。
しかし、自分のタイプに当てはまらなかったり、カップルになれたとしてもその場限りで終わったり、続かないことが多いです。
婚活パーティーは、友人を増やすという目的であれば、楽しくいろいろなタイプの友人が出来とても楽しいかもしれませんが、やはり目的をカップルになり未来の伴侶を見つけに来ていると思えば、私にとっては、いい出会いの場にはならなかったです。
次に考えたのは、いろいろな情報を集め結婚相談所に申し込むことでした。
実際に話を聞きに行きシステムの話や会員様のプロフィールの信頼性の高さなどを担当者から話を伺いました。
実際に聞くと、高いお金を払ってもカップルにすらなれない場合もあることを知り、また口コミなどを調べた時に実際のところを知り、入会する前に怖くなり辞めました。

30代になると出会いの場も限られる | インターネットの婚活サイトにも2カ所程登録 | 1番期待してなかった婚活サイトで運命の相手に出会った